地域仮想通貨 飛騨高山編

月刊仮想通貨10月号vol.19 2019年8月21日(水)発売号より

月刊仮想通貨本誌の編集・記事執筆を手掛ける小村海の記事を月刊仮想通貨公式サイトにも掲載。
毎週木曜日に更新予定となっております。

前回(地域仮想通貨 かすみがうら市編)

◆飛騨高山 さるぼぼコイン

利用店舗、決済額ともに日本最大規模を誇る地域電子通貨が、岐阜県の中山間地域にある。同県飛騨高山地域で使える「さるぼぼコイン」で、山あいに囲まれた地域の経済を支える。開発・企画元の飛騨信用組合(岐阜県高山市)は、決済アプリの生活アプリへの移行を目指すなど、模索を続けている。

さるぼぼコインの名前の由来は、飛騨高山地域に古くから伝わり、猿の赤ん坊を模した郷土人形「さるぼぼ」にちなむ。黄色と黄緑色を基調とした同コインのキャラクターはその名の通り、可愛らしい。街の至る所に、キャラクターをあしらったポスターが掲示され、観光客らの目を引く。
「人口減少が進む地域に元気を与える」という飛騨信組の使命感から生まれたさるぼぼコイン。2017年12月に運用が始まり、利用店舗数は約1000店、利用決済額は8億円に上るまでに成長。8000人を超えるユーザー数は地域の総買い物人口の1割を占める割合で、決済インフラとしての機能を果たす。
同信組の山腰和重専務理事(61)は「観光シーンでの利用推進などで、課題はある」と謙遜するが、体を成す地域電子通貨は全国でも少ないことを加味すると、さるぼぼコインは成功事例だろう。言わば、この領域における「ファーストペンギン」と言っても過言ではない。
二次元コードによる簡単決済をはじめ、納税支払いへの応用や、現金化時の低い手数料など…。同信組は、先駆的に地域電子通貨のシステムを導入してきた。18年8月に、中国のオンライン決済プラットフォーム「Alipay」と提携し、さるぼぼコインとAlipayを並列した二次元コードで利用できる事業に着手すると発表。同11月には、日本で初めて地域電子通貨で電気代を支払える「さるぼぼコインプラン」を始めた。事業推進にも余念がない。
それでも、キャッシュレス化が急速に進む今、さるぼぼコインに大手企業の決済アプリが立ちはだかるのは必至。同信組は、コインのアプリを生活手段として利用拡大を図る方策を探る。7月19日に結んだ飛騨市との協定書には、行政情報を発信していくことを明記。8月にはアプリに搭載した全地球測位システム(GPS)を利用し、同市の防災情報の配信を始めた。
さるぼぼコインが採用するプラットフォーム「マネーイージー」は、木更津市のアクアコインなど、他地域の地域電子通貨でも使われており、「広がりによってはシステムが連結し、通貨同士がつながる可能性がある」(山腰専務理事)。
地域電子通貨が、エリアをまたいで普及する――。そんな青写真も絵空事ではなくなりそうだ。

今週はここまでとなります。
本文は月刊仮想通貨10月号vol.19に全て掲載されていますので、是非下記リンクにてお買い求めください。

Profile
文◉小村海(おむら・わたる)
1990年生まれ、島根県出身。
山陰地方の新聞社で記者として5年勤務した後、仮想通貨に魅せられ、仮想通貨記者に転身。
現在は月刊仮想通貨本誌の編集と記事執筆を手掛ける。

月刊仮想通貨10月号の購入はこちら

関連記事一覧