令和時代の仮想通貨取引所Vol.4

月刊仮想通貨8月号vol.17 2019年6月21日(金)発売号より

月刊仮想通貨本誌の編集・記事執筆を手掛ける小村海の記事を月刊仮想通貨公式サイトにも掲載。
毎週木曜日に更新予定となっております。

前回(令和時代の仮想通貨取引所Vol.3)
「ディーカレットとは? その2」

―ディーカレットはIIJが持つセキュリティ技術やノウハウが強みなのでしょうか。

時田社長「IIJは、サイバー攻撃への耐性などセキュリティ全般に対しての知見や実装技術があります。IIJのインターネット接続サービスやセキュリティサービスは、金融機関を含む国内の様々な企業に導入されています。そうしたIIJが持つインターネット技術力と高速通貨取引システムの資産、知見を活かし、交換所には既存の金融機関と同等レベルのシステム安全対策や内部統制、業務運営態勢の整備を施しています。システム障害を含め、異常検知と初動対応にも自信を持っています」

――他の仮想通貨交換業者との厳しい競合がある中で、どう存在感を発揮していきますか。

時田社長「ブロックチェーン技術で機能する仮想通貨の特性を生かし、様々な利用使途を検討しています。例えば、企業間取引の決済に仮想通貨を活用すれば、今の金融サービスでは追えない取引の記録や、参照する情報のコントロールが可能になるのだと考えています。我々のプラットフォームを通ることで、情報の記録に加え、契約条件の確認や履行までを自動的に行う世界の実現を目指したいと思っています」

――今後の展望を教えて下さい

時田社長「2019年は仮想通貨でできる機能を充実させていきます。電子マネーチャージやレバレッジ取引の開始など、大きなバージョンアップを予定しており、ここから事業展開を加速させます。もちろん、レバレッジ取引における最大倍率4倍など、日本仮想通貨交換業協会が設けるルールに則った形で実行します。取り扱い銘柄についても、時価総額などの運営上の基準と、通貨の魅力としての基準に照らし合わせ、今後も増やしていきたいと思っています。」

「令和時代の仮想通貨取引所」はここまでとなります。
本文は月刊仮想通貨8月号vol.17に全て掲載されていますので、是非下記リンクにてお買い求めください。
また、来週、再来週はお休みとなります。
今月22日(木)からは「地域仮想通貨特集」を配信させていただく予定となっております。
こちらの本文も月刊仮想通貨9月号vol.18に掲載されておりますので、合わせて下記リンクからお買い求めください。

Profile
文◉小村海(おむら・わたる)
1990年生まれ、島根県出身。
山陰地方の新聞社で記者として5年勤務した後、仮想通貨に魅せられ、仮想通貨記者に転身。
現在は月刊仮想通貨本誌の編集と記事執筆を手掛ける。

月刊仮想通貨8月号の購入はこちら
月刊仮想通貨9月号の購入はこちら

関連記事一覧