仮想通貨の歴史

仮想通貨はどうやってできた?

仮想通貨は2008年にサトシ・ナカモトという人物がインターネット上に『Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System』(ビットコイン:P2P デジタル通貨システム)という論文を投稿したところから始まる。
通常、お金はどこかの国が発行・管理しているが、仮想通貨は公的な発行主や管理者が存在せず、P2Pというクライアント同士が繋がるシステムで処理を行える。
これを使うことで誰もがインターネット上で信頼性を持って取引できるという内容だ。
この論文を元にソフトウェア開発が行われ、なんとたった3ヶ月後、実際にビットコインが発行されたのだ。
ちなみにサトシ・ナカモトという人物が誰なのか?、日本人かどうかさえ未だ判明していない。

最初はおもちゃ銀行発行通貨のように扱われていた

2010年にはN.Y証券取引所の隣にデジタル通貨の最初の取引所が誕生した。
しかしこの頃のビットコインは『おもちゃ銀行発行通貨』のような意味合いで実験的に使われていた。
あるプログラマーが「ピザ2枚と1万BTCを交換しない?」とジョークを投稿したのに対し、別のプログラマーが面白がって注文し交換されたのが1番始めの取引だといわれているのだから、ビットコインが現在のような価値を持つとは誰も想像していなかったと思われる。
しかし本当にこれがきっかけで通貨として使われていくことになるのだ。

価格や知名度が上がっていった

2009年の誕生以降、時を経てその価格は上昇していった。
価格が変動する点では、法定通貨と変わらない。
だがその変動率は法定通貨と比べればはるかに大きい。
例えば、2013年初頭には1ビットコインは1万円を超えていなかったが、2017年には100万円を超えるに至った。
時に社会情勢や取引所の問題などで大きく変動しつつも、取引高・価格とともに大きく伸びてきたのが仮想通貨である。
それとともに、仮想通貨の社会的な認知度が上がり、様々な仮想通貨が誕生することになった。

現在の仮想通貨事情

仮想通貨はビットコインだけではなく、いまやたくさんのアルトコインが存在し、世界中で関心を持たれ投資の対象として注目を集めている。
イーサリアムやリップルといった仮想通貨も時価総額を増やし、ビットコインのみ、というわけではないのが現在の状況であるといえる。
また企業や国が独自コインを発行したり、大規模な実証実験を行ったりしている。
インターネットが誕生した時のように、仮想通貨が誕生したことで世界は大きく変わろうとしている。

関連記事一覧