• ニュース

モナコ政府、ブロックチェーン関連企業と提携

モナコ政府はトークン化された金融商品の発行をサポートするための技術プロバイダーとして、ブロックチェーン関連企業「Tokeny Solutions」との提携を正式に発表した。
25日、Tokeny Solutionsが公式ホームページで明らかにした。
今後、モナコはTokeny Solutionsが開発したブロックチェーンベースのソリューションを提供される。
モナコは暗号資産のプロジェクトに対し資金調達が容易な国家になることを目指している。
有益なプロジェクトが誕生し、資金調達できる世界規模の市場になるため、今回Tokeny Solutionsと提携することになった。
今後、モナコはSTOで申請のあったプロジェクトを支援していくという。
資金調達の対象プロジェクトとなるためには、政府の認可が必要だ。
Tokeny SolutionsのCEOは「モナコによって選択されたプロジェクトは、国が保証した質の高いものとなる。投資家にとっても安心して投資ができるようになるだろう。ブロックチェーンを使ってAML(マネーロンダリング)およびKYC(本人確認)も自動的に実行されるようにする」と語った。
最近、モナコはトークン化の発行を通じて資金を調達できるよう、世界中のプロジェクトを奨励する法案と、有利な規制枠組みを可決した。
この枠組みは、規制を通じて投資家とオーナーを保護することを目的としている。
モナコでは完全な規制の枠組みがまもなく施行される予定だ。
今回のSTOは「環境」に焦点を当てたものに国家が支援を行う。
1つ目としてオスカー賞を受賞した環境ドキュメンタリー映画会社の「IceBreaker」がSTOで国家の支援を受ける。
Tokeny Solutionsは2017年に設立。
トークン化された証券の公開、管理、転送を行うブロックチェーン関連企業だ。
モナコ政府はTokeny Solutionsと提携し、今後、1から15のSTOプロジェクトを選定するという。

関連記事


月刊仮想通貨はLINE@でもお読み頂けます。
友だち追加はこちらをタップ!
友だち追加

ニュースニュース一覧