• ニュース

bitFlyer、新たにXRPの取扱いを開始

国内大手暗号資産取引所bitFlyerは2日、アルトコイン販売所で新たにリップル(XRP)の取扱いを開始したと発表した。
bitFlyerが新規銘柄を取扱うのは約2年ぶりとなる。
また今回の新規取扱いに際し、抽選で10名に10万円が当たるというキャンペーンを開催。
キャンペーン期間中にXRPを5000円以上取引したユーザーが抽選対象となるようだ。
執筆現在、XRP価格に大きな影響は見られていないが、過去には同取引所が新規取扱いを発表したことで高騰した銘柄もあり、今後、期待感から価格上昇を見せる可能性もある。
なお、先月12日に国内暗号資産取引所コインチェックにおいてステラ(XLM)が上場した際には最大で約46%上昇した。
今回のbitFlyerによるXRPの取扱いによって、国内暗号資産取引所が新規銘柄の取扱いを行うのは2ヶ月連続となった。
今後、bitFlyerとコインチェックが火種となり、他暗号資産取引所が立て続けに新規暗号資産の取扱いを開始するかもしれない。

関連記事


月刊仮想通貨はLINE@でもお読み頂けます。
友だち追加はこちらをタップ!
友だち追加

ニュースニュース一覧