• ニュース

ビットコイン、ディフィカルティを軟化

ビットコインのデフィカルティ(マイニングによって暗号資産のブロックを生成する難易度)が軟化し調整された。
軟化に調整されたのは今年度8月以来のことだ。
新たなデフィカルティ値は「12,720,005,267,391」で、前回と比べマイナス7.1%となった。
またビットコインのハッシュレート(採掘速度)は、先月27日に一時急落してから価格を戻して以降、横ばいの状況にある。
今年5月より堅調な推移を続けてきたハッシュレートは、9月下旬市場の関心は高っている。
ディフィカルティとハッシュレートはビットコインのブロックの生成量目安を調整するための計算に使用される。
ブロックの生成は平均して約10分に1回になるように調整されている。
調整をするため2週間に1度ディフィカルティが変更される。
過去2週間の平均が10分より短ければディフィカルティを上げ(値を下げ)、逆に長ければディフィカルティを下げ(値を上げ)る構造になっている。
ハッシュレートの乱れは、市場価格の下落、中小マイナーの採算ラインなど、複合的な要因が指摘されているが、明確な理由は明らかになっていない。

関連記事


月刊仮想通貨はLINE@でもお読み頂けます。
友だち追加はこちらをタップ!
友だち追加

ニュースニュース一覧