• ニュース
  • HOME
  • ニュース
  • Ripple社が2つの重大発表…ブラジルに新支社を設立へ

Ripple社が2つの重大発表…ブラジルに新支社を設立へ

Ripple社は、ブラジルのサンパウロで11日〜13日に開催されているFinTech系のイベント「CIAB Febraban 2019」に参加し、2つの重要発表を行った。
1つ目の発表はブラジルに新たな支社を設立すること。
Ripple社のSenior Vice Presidentを務めるEric van Miltenburg氏は、南米最大の経済国と言われるブラジルに支社を設立する背景として、「南米地域における自社サービスに対する高い需要を満たし、ラテンアメリカの事業拡大を目指す」ことを挙げた。
Ripple社のCEO・Brad Garlinghouse氏も、南米地域におけるリップル・ネットに対する高い需要について言及しており、暗号資産XRPに関しても南米は重要な拠点となるようだ。
もう1つの重大な発表は、リップル・ネットの送金数が最高記録を更新したことだ。
リップル・ネットに関するクライアントによる送金数(2019年第1四半期)は、2018年の全てのトランザクションを上回っており、リップル・ネットを経由した送金数が大幅に増加しているという。
既に約200社とリップル・ネットで事業を進めるRipple社は、現在、週平均で2~3社の金融機関がリップル・ネットに新規参入していることを明かし、その勢いがますます強くなっていることを示唆した。

日刊仮想通貨はLINE@でもお読み頂けます。
友だち追加はこちらをタップ!
友だち追加

ニュースニュース一覧