• ニュース
  • HOME
  • ニュース
  • 安倍首相が暗号資産とブロックチェーンの可能性に言及

安倍首相が暗号資産とブロックチェーンの可能性に言及

安倍首相は7日、参議院予算委員会の質疑で「暗号資産やブロックチェーンといったテクノロジーには大きな可能性があり、今後も研究していく必要がある」と回答した。
首相の発言は、暗号資産やブロックチェーンへの取り組みに関する政府の見解を問う藤巻健史議員の質問を受けたものだ。
首相の回答では、ブロックチェーンは暗号資産のような金融分野だけではなく、他の様々な分野における利便性・安全性を向上させる可能性を秘めており、政府が創設したサンドボックス制度を活用して実証実験を行っている国内ベンチャー企業の存在にも触れている。
また、暗号資産に関しては取引所からの資産流出など利用者保護が必要な側面があるものの、暗号資産とブロックチェーンなどの新しい技術には大きな可能性があると言及。
イノベーションと利用者保護のバランスを取りながら対応していきたいと、今後の方向性に関しても述べた。
なお、サンドボックス制度とは、技術革新を促進するために規制の適用を特例的に停止して、新たな技術やビジネスモデルの実証実験ができる制度である。
ブロックチェーン関連企業としては株式会社Crypto Garageが、先月、同制度における金融分野の第1号として認定されている。

日刊仮想通貨はLINE@でもお読み頂けます。
友だち追加はこちらをタップ!
友だち追加

ニュースニュース一覧