• ニュース
  • HOME
  • ニュース
  • ビットコインを獲得できる壁画がパリ路上に描かれる

ビットコインを獲得できる壁画がパリ路上に描かれる

フランスのアーティスト・Pascal Boyart氏は、1月7日「黄色いベスト運動」を描写したとみられる壁画を首都パリの路上に描き、その中に1000ドル相当のビットコインを受け取ることができる謎を隠した、と自身のツイッターで発表した。
「黄色いベスト運動」とは、燃料税の引き上げをきっかけに、昨年11月からフランス・パリで始まった政府への抗議活動だ。市民は蛍光色の黄色いベストを身にまとい、現在もなおデモ活動を行っている。
路上に描かれた壁画は、1830年に起きた市民革命「フランス7月革命」を描いたフランス画家・Eugène Delacroix氏の作品「民衆を導く自由の女神」を題材として、黄色いベストを身に着けて抗議する人々が描かれた。
Boyart氏のツイッターによると、「ジェネシス・ブロック」と呼ばれるビットコインの最初のブロックが、2009年に誕生してから今年で10周年を迎えたことを記念して、この作品を製作したという。Boyart氏は、過去にも暗号資産に関連した作品を制作していた。
Boyart氏は、この壁画に隠された謎を解くと、1000ドル相当の0.26BTCを受け取ることができると発表。謎を解くには、壁画を探し出し、実際に壁画の前に立つ必要があるという。
Boyart氏は、パリ市内に描いたと公表しているが、壁画の具体的な場所については明らかにしていない。

日刊仮想通貨はLINE@でもお読み頂けます。
友だち追加はこちらをタップ!
友だち追加

ニュースニュース一覧