• ニュース
  • HOME
  • ニュース
  • ブロックチェーンでNYマンハッタンの高級コンドミニアムがトークン化

ブロックチェーンでNYマンハッタンの高級コンドミニアムがトークン化

NYのマンハッタンにある高級コンドミニアムが、イーサリアムのブロックチェーン上でトークン化されることが明らかになった。
約3,000万ドル(約34億円)相当のこのコンドミニアムは、マンハッタンで初のトークン化された不動産となったことで注目されている。
このビルに入った12部屋が対象で、イーサリアムのブロックチェーン上でトークン化が決まった。
トークンはこの不動産価値の一部を表し、手の出しにくかった高級コンドミニアムが少額での投資が可能になる。
今回のブロックチェーン技術を使ったトークン化は、不動産投資の新しいビジネスモデルのひとつとなりそうだ。

日刊仮想通貨の見解

NYの不動産業者であるライアン・サーハント氏は米フォーブス誌の取材に対するコメントで「新しく建設したビルを適切な価格で販売するのは時間がかかる時がある。それをブロックチェーン技術によるトークン化で伝統的な銀行融資の厳しい圧力を取り除くことができ、不動産開発の新しい道を切り開くだろう」と期待を寄せている。
このトークン化により実世界の資産の所有権をブロックチェーン上にデジタルで表現することで、煩雑だった投資取引が容易に進むことが期待されている。
また、トークン化は不動産に限らず投資対象となる様々な資産にも適用ができるため、この流れが広まれば投資先を分散している投資家たちはより便利に取引が行える利点もありそうだ。
今後、投資対象のトークン化の波が押し寄せるのかもしれない。

日刊仮想通貨はLINE@でもお読み頂けます。
友だち追加はこちらをタップ!
友だち追加

ニュースニュース一覧