ICOオタク交流記 vol.3

月刊仮想通貨vol.3 2018年4月23日発売号より

第3回 イーサリアムCEOが描いた新しいブロックチェーン技術!?

こんにちは!
仮想通貨大好き、いやICOオタクの誠です。
前号ではイーサリアムCEO(当時)であるチャールズ・ホスキンソンが会いたいと言ってきてびっくり!
友人のS君、K君と合流し、大阪で会うことになったのですが…ということをお話しました。

僕らの通訳には当時大学生のG君とT君にお願いしました。
彼らは英語が堪能のみならず、ブロックチェーンのコードが読める天才学生なんです。

そして面会当日、S君の事務所にイーサリウムのCEOチャールズ・ホスキンソンと、親友であり開発リーダーのジェレミー・ウッドがやってきてくれました!
当時僕らのチームは10代〜20代がほとんど。
そんな僕らに合うためにチャールズ本人がわざわざ来日してくれたのです!
ドキドキが止まりませんでした!

 溢れる思い抑えながら挨拶もそこそこに済ませた後に、ついに今回の面会の本題である「イーサリアムができなかったことを実現するプロジェクト」についてチャールズ自身が僕たちに説明してくれました。

チャールズは、ホワイトボードに数式を書きだしていきました。
天才数学者らしく手慣れた感じで書かれたその数式こそ、今回僕たちに伝えたかった新仮想通貨プロジェクトの仕組み図だったんです。
チャールズが構想したのは主にゲームやオンラインカジノでの仕様を目的としたコインでした。

オンラインカジノやゲームをはじめとする既存の仕組みには不正ができるという欠点がありますが。
それを克服したのがチャールズの構想です。
公平性が保証でき、換金もできる。
「スマートコントラクト」「オラクル」「マッチング」「SDK」「ハウスプレイヤー」の5つの機能をつかって、誰でも開発でき誰でもストアに載せられるのです。
ブロックチェーンを使い、ギャンブルコインを使うことで不正ができなくなるのです。
ビットコインは、通貨の革命ですよね。ビットコインを使って、決済や送金が可能となります。
そして、イーサリアムはビットコインができなかったことを実現しているのです。
すなわち、それが契約書の役割です。イーサリアムはスマートコントラクトという機能を持ち、自動販売機のように入金と同時に契約を実行できます。

しかし、ビットコインもイーサリアムもできないことがあります。
それが、バージョンアップです。

そのバージョンアップができるのが、ギャンブルコインなのです。
ブロックチェーンを使うことでオンラインカジノやゲームの可視化が可能となるのです!

現在新興国ではパスポートや銀行口座を持っていなくともスマートフォンは持っています。
ユニバーサルウォレットですべてのジャンルをブロックチェーンで管理できるようになるのです。
チャールズが説明を終えたときには、僕たちは非常に興奮していました!
なんせあのチャールズと一緒に新しいコインのプロジェクトの構想に立ち会っているのですから!
このプロジェクトの通貨名は最初仮称で「ギャンブルコイン」と言う名前でした。
しかし、ギャンブルコインは名前が悪い。
そこで、虚数を発見した世界最高の数学者から名前を取りました。

その名は「カルダノ」。そう…!
今では仮想通貨の格付け上位として知られる「カルダノADA」が誕生した瞬間です!

このプロジェクトに参加することになった僕たちはチャールズたちと成功のために何をすべきか話し合いました。
開発チーム、マーケティングチーム、ガバメンスチーム、ファイナンスチーム…、
そうだ! 金融、法律のプロが必要だ!

これからのためにに財団を作り、組織として各役割を決め、それぞれの能力を活かすことになりましたが、その時の僕たちには重要なポジションに空きがありました。
金融のプロ、コンプライアンス担当がいなかったのです。
法令に精通していなくてはこのプロジェクトは危うい…。
そう思った矢先チャールズが口を開きました。

「一人、思い当たる人物がいる。ヨーロッパの偉大な人物だ」その人とは一体…?(続く)

今月のポイント!
FINNEYいよいよ上陸
2018年イスラエルチームが本格始動!
STOX   ORBS   ZODIAC   PUMA
ENDOR  LEADに期待!

イスラエルのチームがフィニーというオンラインにつながっていても安全なスマホを開発しました。このフィニーはイスラエルチームが軍のサイバー技術を結集したシールドを搭載。オンラインなのにハッキング不可のブロックチェーン内蔵型スマホとして世界中で注目されています。台湾の鴻海が年内に10万台出荷する予定でカルダノとの提携スマホも発表されイスラエルチームのICO案件がこのスマホに内蔵されている取引所で取引できる今後の期待値が高いためイスラエル案件はホールドですね。

今月の推し銘柄
CX(コインエクスチェンジ)
CXはNASDAQとイスラエルチームの取引所のICO。NASDAQのチームとイスラエルのセキュリティ技術が融合し世界最強の取引所として注目を集めてます。また広告塔にサッカーのスーパースター ロナウドを起用するという豪華さも目が離せません!4月末でプレセールが終了しますが、この取引所でイスラエルチーム案件が公開されるため今後のイスラエルチームの躍進により期待値が非常に高いと思われます!

Profile
松岡 誠
●2013年からビットコインに魅了され普及活動展開
●友人からイーサリアムのクラウドセール情報を得てマーケティングを展開
●2014年CARDANOの講師を歴任しながらフィンテックの必要性を伝達
●2017年これまでの経験を生かしフィンテックアカデミア を考案
●フィンテック世界最先端の情報、人、技術が結集するフィンテックアカデミアの必要性を伝える
http://fintechacademia.com/m_blockchain/

関連記事一覧