DECOIN × D-bot

ゼロコミッション×共有収益×3種類のD-botタイプ(シルバー/ゴールド/プラチナ)

家電業界の「価格・com」、宿泊業界の「トリバゴ」のように、価格比較サイトはどんどん誕生している。
仮想通貨の世界ではどうか?
正式リリースを間近に控える仮想通貨取引所DECOIN(ディーコイン)が、取引所間の価格差をボットに素早くトレードさせ、ユーザーに利益還元する仕組みを発表した。
それが「D─bot(ディーボット)」だ。
価格が低い取引所から仮想通貨を購入し、価格が高い取引所で売るという仮想通貨アービトラージ(裁定取引)を初心者でも参加して利益を上げることを目的としている。
現在、世界中に200の仮想通貨 取引所があるといわれるが、そのうち「手数料収益」をユーザーに配当する取引所は実はほとんどない。
DECOINでは手数料収益の10〜20%を取引所トークン「DTEP」保有者に直接配当する。
この民主的な取引所運営は周囲から注目を集めコミュニティもどんどん成長している。
具体的には、D─botは世界中の仮想通貨取引所間における価格差やトレンドをボットに探知させ、自動的に利益を上げる。
仮想通貨の取引所間価格差が時に10%にも及ぶことに注目したトレード戦略だ。
DECOINは、これまでヘッジファンドやプロトレーダーしかできなかった「アービトラージトレード」を民主化し、ぐっと敷居を下げ、参加者を増やすことを目的としている。
仮にユーザーがアービトラージの手法を知らなくても運用資金に合わせたタイプのプランを選択するだけで、月に最大12・5%の利益を目指す。
そして手数料が一切かからないという点も非常に重要なポイントだ。
「仮想通貨の冬」はまだ回復していない中、仮想通貨取引所はいかに新しいサービスを提供するかが重要になっている。
今までは取引に関する専門知識のハードルの高さがライトユーザーを遠ざけていた面もあったが、今後、DECOINのように多くのユーザーに対して喜ばれるサービスを提供する取引所が増えていくことだろう。

DECOINとは?
◉D-bot概要
ディーコイン ディーボット「DECOINトレーディング・アンド・エ クスチェンジ・プラットフォーム(」通称 D-TEP)とされる仮想通貨取引プラット フォーム(オープン前)が発行するトークンがDECOIN(ディーコイン)だ。
DECOINは取引所の取引額が上がればそれに応じてコインの価値も上がるという「取引所コイン」であり、取引所の手数料収益の10~20%を流通している自社コインの買い戻しではなく、 配当として分配される特徴がある。
URL:
日本語 https://dtep.decoin.io/ja/
D-bot https://dtep.decoin.io/ja/#d-bot

関連記事一覧