リップル信者・鈴木 宙(すずきそら)の「暗号資産500万円が50万円になりました」Vol.2

残暑お見舞い申し上げます。「月刊仮想通貨」コラムニストの鈴木 宙(そら)です。
2回目となった今回のコラム。初めてご覧になる方も多いと思うので、軽く自己紹介と、前回のおさらい。
僕、鈴木 宙は、2017年末から2018年初頭にかけての仮想通貨(暗号資産)バブルの盛り上がりに乗って、この業界に参入した、いわゆる「出川組」の1人。
仮想通貨(暗号資産)を何年かやっているユーザーは「出川組」というのを、一度は聞いたこがあるだろう。
コインチェックがTVCMや電車の中吊り広告でタレントの出川哲朗を巨額の広告費を使って仮想通貨(暗号資産)を宣伝!
当時、ビットコインは200万円以上、イーサリアム、ビットコインキャッシュは20万円前後、リップルは400円近くまで高騰し、仮想通貨(暗号資産)の大フィーバーが起きていた。
かくいう僕も、ライターの先輩が「出川組」より一足早くリップルを購入し、4ヶ月で300万円を、約20倍の6000万円にしていた。
これまでFXなど、いろんな投資に誘われたことはあっても、慎重でビビりな僕は投資をした経験がなかった。
しかし、300万円が6000万円になった先輩を目の当たりにして、何の根拠もなく「これはイケる!」と目がすでに「¥マーク」になっていた僕は、さっそく仮想通貨(暗号資産)の口座を作り、貯金、クレジットカードなど、あらゆるところからお金をかき集め、500万円をリップルに投資した。
なぜ、リップルに投資したのか? 先輩が5,000万円以上の含み益をあげて、「リップル♪ リップル♪」と浮かれていたのが一つ。
またツイッター界隈でリップル推しのツイッター民が多かったのが大きい。彼らが、リップルのポジティブ要素をここまで書くかとばかりタイムラインで流れてきたこともあり、僕も「こりゃ、市場心理もリップル傾いているな」と、今思うとリップルのことを全然分かってなかったのに、へんに調子乗った投資家目線で「リップルに500万円」を投資してしまった。
今だから言えるが、当時は仮想通貨(暗号資産)の「非中央集権」「中央集権」すら知らず、リップルが「中央集権」のコインすら知らなかった。
もちろん「トランザクション」「スケーラリビティ」「スマートコントラクト」など、仮想通貨(暗号資産)やブロックチェーンの基礎中の基礎の用語なんて知る由もなし。
単に、出川哲朗(彼は悪くない)、前述の先輩、煽るツイッター民たちに背中を押され、500万円もの資産をリップルに投資してしまったのである。時は2017年12月下旬の頃だった…。
さて、リップルに500万円を投資した僕は、10日後くらいには600万円になっていた。まさに夢心地というのは、こういう気分を言うのだろう。
このリップルで、スポーツカーに乗り、高級マンションも購入、六本木のキャバクラでイェイイェイウォウウォウしまくるぜ! そうだ! 税金対策に会社も作らないと…なーんてことを2018年の正月に考えていた。実に甘い考えである(「カイジ」のナレーション口調)。しかし、しかし…。ここからの仮想通貨(暗号資産)相場の大暴落は、誰しもご存知のことだろう。さらには、コインチェック事件で追い打ちをかけられる始末。この時期の「絶望に次ぐ絶望」は、近日書こうと思う。
いやはやなんて、浅はかな考えだったのだろう。僕の周りにも、「出川組」の時期からスタートして、何百万もやられてしまった人が何人かいる。それまでは会えば仮想通貨(暗号資産)の話で盛り上がったが、いつのまにか投資の話は暗黙の了解でNGになってしまった。
さて、話は飛んで、この記事を書いているのは2019年8月15日。もはや、昨年の初頭に仮想通貨(暗号資産)では終戦を迎えてしまった自分であるが、悲壮感はない。なぜなら、まだ諦めていないからだ。
このコラムも、ただ、「リップル買って負けちゃったよ」で終わる気は無い。
ここから、逆転は厳しくても、せめてプラマイゼロ、いや250万円で損切りでも構わない。
現在、記事執筆時点で、リップルは、1XRP=27円である。この1週間、残念ながらリップルにとって大きなニュースは無かった。
すでに総資産が数十万円になってしまったが、ここからが勝負だと思っている(半分、なぐさめ)。
今の仮想通貨(暗号資産)下落相場の中でも、勝っている人たちはいる。もちろん凄腕の人たちだろう。
しかし、僕ら「出川組」だって夢を見たい! いや、見せてやる! リップルを他通貨に変えても、草コインで一発逆転でも何でもいい。なんなら、残り資産を使って路上でタピオカ屋を開いてもいい(くらいの気持ち)。この連載が終わるまでには、せめて資産を数百万円にはしてやるぞ!
このコラムの読者には、僕と同じくリップルのあまりの急降下に狼狽をしたり、ここ数ヶ月は30円前後で全く動かなくてやきもきしている人もいるだろう。
僕の周辺でも、高値買いしてしまったあまり、今の値段じゃ売れない塩漬け状態のまま1年以上経っている人も数人いる。
自分まわりで、数人ということは全国には数百、いや数千人は塩漬け状態のリップラーはいるのではないだろうか。
そこで、僕は覚悟を決めた。僕が、皆さんの先陣を切り、資産がゼロになることも覚悟して、ここから逆転を目指してやる! 
僕と同じ境遇の人は、今が踏ん張りどき。一緒に頑張っていこう。ざわ…ざわ…ざわ…ざわ…。

Profile
文◉鈴木 宙(すずき・そら)
埼玉県出身。
仮想通貨(暗号資産)に魅了されリップルに投資し、未だにリップルの可能性を追い求めているリップラー。
現在は月刊仮想通貨デジタルの記事編集、執筆を手掛けている。

関連記事一覧