Vol.10 リップル信者・鈴木 宙の「暗号資産500万円が50万円になりました」

〜2018年の出川哲朗〜

だのに〜♪ な〜ぜ〜♪ 歯を食いしばり〜♪ 君は行くのか〜♪ そんな〜にして〜まで〜♪

By出川組の僕から、出川組の皆さまへ!

そう、僕たち! 私たち! 出川組は! リップルをガチホして! 価格が上昇するまで突き進みます!(卒業式の掛け合い風)

このコラムでは何度か書いたが、リップルは最高で1リップル400円まで上昇した。2017年末から2018年初頭のことだ。
この時の仮想通貨界隈の盛り上がりはすごかった。本当にすごかった。
今や0.1円単位でしか動かないリップルが1日で90円も乱高下したこともあった。
そして、周囲が仮想通貨で数千万単位の利益を上げている中、投資(特にFX)で人生が破綻してきた人を見てきたのでずっと「様子見」をしていた。
正直いうと、投資の世界は怖い世界と洗脳されていた。
しかし、である。仮想通貨周りの人たちが、どんどん利益を上げて、数百万円、数千万円になっていく。
仮想通貨ユーザーの友人たちの資産(主にコインチェックのアプリの総資産)が、毎日、毎日数十万円単位で総資産が増えていくのを見て、ついに僕も覚悟を決め、仮想通貨投資の世界へ足を踏み入れた。
最初は数万円で始めるべきだった…と、今は思う。なのに、なのに、僕はドカンと2017年末に500万円をぶっこんでしまった。
この500万円が1ヶ月後には数千万円になるのでは? あの時は夢見心地だった。いくらになったら、利確しようか? 税金対策はどうしようか? 
もう、この時は、普段、通勤にママチャリに乗っている僕が、来月にはフェラーリに乗っている姿を想像、いや妄想していた。マジな話で。
最近、仮想通貨を始めた人は、何、バカな妄想をしているのだと思うだろう。
だが、その時は、リップルが1ヶ月後には500円、1000円なんて余裕でいくと思っていた。
まわりの人間も、ツイッターで仮想通貨している人たちも、みんなそう思っていた。
それくらいのアゲアゲワッショイな空気が漂っていたのは間違いない。
そして、テレビを見れば、出川哲朗さんがコインチェックのCMでワイワイ言っている。電車の車吊り広告も出川・出川・出川…。
この時に、周りが仮想通貨で儲け始めて、投資も何も知らないのに、買うだけで儲かると浮かれて投資してしまった人たち…。この人たちは、後に急落し始めてから出川さんのキャラも相まって「出川組」と、仮想通貨のアーリーアダプターの人たちから呼ばれ、小馬鹿にされるようになった。僕もそんな出川組の1人である。

ああ、そうですよ! 僕が出川組ですよ! 悪いか! 計画性もなく周りに流されて大損失を抱えてしまいましたよ!(開き直り)

このコラムを読んでいる人たちでも、仮想通貨市場の退場者はさすがにいないだろうが、出川組はいるだろう。まるで隠れキリシタンのように、仮想通貨で損したのを黙っている隠れ出川組もいるはずだ。
中には、僕と同じくこれから上がるのを信じてガチホしている人は少なくないのでは? ま、現実は価格が下がりすぎて売れないだけだけど(泣)。
別に出川さんが悪いわけではない。ただ、彼がのほほんと電動バイクに乗って旅する人気番組「出川哲朗の充電させてもらえませんか」がテレビで流れるたびに、お金がやばいよ、やばいよ…と仮想通貨バブルの時期がフラッシュバックする。
「出川組」と言われても、今は充電期間と思って、仮想通貨の上昇を待とう。
いや待つしかない。僕らができることは、ただそれだけだ。
よほど勉強してない限り、変な色気を出してさらに通貨に手を出したり、他の通貨に変えるのは危険でしかない。
出川組…僕らに押された悲しき烙印。しかし、出川哲朗さんも、嫌いな芸能人の上位から、今やお茶の間の顔に浸透している。
いつか「出川組ですけど何か?」と胸張って言える時期を待つしかない。急速に浸透してきたキャッシュレス社会。ここ数ヶ月で、コンビニやスーパーでもカードやアプリで支払う人の姿をよく見る。
キャッシュレス社会と仮想通貨価格の上昇は直接的には関係ないかもしれない。しかし、いい好材料ではあるはずだ。 
出川組の名も、いい意味で捉えられる日が、きっと、やってくる。きっと…(超弱気)。

Profile
文◉鈴木 宙(すずき・そら)
埼玉県出身。
大学卒業後、焼きそばパン工場で焼きそばに青海苔をふりかける仕事に3年従事し100万円稼ぐ。そのお金を元にアメリカに単身留学。このとき、サトシナカモトと出会い仮想通貨(暗号資産)に魅了されるが、後にそのサトシは偽物の詐欺師だったと判明。数十万円騙し取られる。その後、失意のうちに帰国し、「仮想通貨で失った金は仮想通貨で取り返せ」を信条にリップルに投資。しかし購入後、大暴落。だが未だにリップルの可能性を追い求めているリップラー。最近の失態は、六本木のキャバ嬢に送るLINEを間違えてオカンに送ってしまったこと。現在はフリーのライターとして活動すると同時に「月刊仮想通貨デジタル」の記事編集、執筆を手掛けている。
Twitterアカウント
アカウント→ @sora50050

関連記事一覧