プロトレーダ解析 vol.4

月刊仮想通貨vol.6 2018年7月23日発売号より

BTC安値更新危機⁉ この夏、市場は回復に向かうのか?

 2018年 6 月に金融庁より、仮想通貨交換業者への業務改善命令が各社に通達され75万円から65万円にまで値を下げ、今年最安値更新した。国内最大手のbitFlyerにでさえも、厳しい改善内容が命令され、coincheckに続いて、国内最大手の2社が失速することとなった。
この件については、日本の仮想通貨市場では大きな痛手となっており、すでに世界を牽引する取引量はなくなりつつある。
これによって国内最大の取引所はQuoinexに入れ替わったが、世界の仮想通貨取引所と比較するとTOP20にすら食い込めない状態でもある。
国内から国外へ、仮想通貨の流出量は非常に大きなものとなっているのが現状であろう。

お金の価値が変わる

 こういった一連の流れにより、仮想通貨のベテラン勢は国外の取引所に資本を動く動きを加速させた。
BTCやETHといった大きな価値を持ったデジタル資産を一瞬にして送金できるメリットはとてつもなく大きく、国際送金コストも皆無に近い。
小生が所属しているチームも、中国のエンジニアチームに技術的な仕事を発注する際に、今では受注金額や売上・振込もBTCやETHにする
ケースが増えてきている。(売上のタイミングは送金時のBTCレートで算出など。)
小さな企業間でもこういった作業ができるため、非常に便利でコスト削減につながっている。この流れは非常に加速すると考えている。
特に、日本、中国、韓国への国際送金手数料はとてつもなく高い。
事実上の為替レートでも1%前後乖離があることが多く、さらに手数料もかかるため、高額となる。
高額な送金になればなるほど、為替レートの乖離率に影響が出てくる。大口の仕事ほど、コストが高くなるのだ。そして送金にかかる時間も数日~1週間かかる。
どう考えても既存の金融サービスは仮想通貨の送金面と比較すると分が悪い。
この流れ・立場は年々加速していくだろう。

海外取引所でのアルトコインは比較的堅調

さて、国内の取引所は暗いニュースが続くが、世界の仮想通貨ユーザーは確実に増えてきている。
米国でも、ヨーロッパでも一部の調査機関が実施した結果、アンケートに回答した8%~10%相当の人々が仮想通貨を保有している結果が公表されていた。
昨年の今頃は 3 %程度だったことを考えるとかなりの進歩だ。
今年後半は多くのエリアで保有率が10%に達成してくる可能性がある。
まぎれもなく、仮想通貨の価値向上につながるだろう。

BTC週足分析

 さて、BTCJPY・ FX の週足分析となるが、昨年の高値からフィボナッチリトレースメントを引いてみた。
直近の戻しの目処として、23・6 %と38・2 %が中期的な目安となるだろう。
特に38・2 %は126万円前後と3月高値とぴったり重なっており、上抜けするのは時間がかかりそう。
強いレジスタンスラインとしては今後も機能しそうだ。
通常、あまり注目されない23・6%なのだが、今回に限っては100万円前後の心理的節目と偶然重なっており、意識される可能性は高い。
まずはこの2点に注目して頂きたい。
そしてチャートに下降トレンドラインを引いてみた。短期的なターゲットは85万円~90万円になるのではないだろうか。(ピンクの丸で囲った部分。)
このポイントに8月中に一度タッチ、または右に抜けてこれば相場は反転と確率がさらに上昇したと考えて良い。

RCIは売られすぎを示唆

 またRCIの下落示唆期間も大変長いものとなったが、調整局面は終盤に向かっていると考えている。
RCI9(短期)や26(中期)は80~90近辺で推移をしているため、週足ベースでも売られすぎ水準に位置している。これも
現状は朗報だ。
底値がもし割れた場合、次の安値の目処は50万円程度となるだろうが、すでにこの半年間、大きく売られすぎているので週足ベースでは下ヒゲをつける相場をイメージしている。トレンド最終局面でよく見られる現象だ。
筆者自身の中長期ビジョンに変更はなく、本文を踏まえ、それほど市場に悲観的ではない。この夏、値堅め相場でも十分ではないだろうか。

Profile
ひろぴー
ラジオ日経パーソナリティやコラムニストやりながら世の中を泳いでおります。 FXトレーダー兼仮想通貨投資家 LISK、CH、QASH推し。 分散投資派 短期は仮想通貨FXで勝負中。
仮想通貨ブログ https://bitcoin-fx.jp/
FXブログ https://fxhiropi13.com
ツイッターアカウント @hiropi_fx

関連記事一覧