コムサ

コムサの始まり

コムサ(以下COMSA)は日本初のICOプラットフォームとしてZaifのテックビューロ社が発表したプロジェクトだ。2017年10月に行われたICOでは109億円もの資金を調達し、世界でも有数の調達額として話題になった。
そして、2017年12月4日に、取引所Zaifに上場。それにより、流動性が高まったことで、トークンの価値も上がり注目を集めた(当時)。

コムサの特徴

COMSAは、企業のICOを支援するICOのプラットフォームだ。
現在、企業がICOで資金調達を行うためにはホワイトペーパーの整備やブロックチェーン導入のプラン設計など、煩雑な手続きが多く必要となってくる。
いわば、ICOを行おうとしてもハードルが高いのが現状だ。
これを打破しようとしたのがCOMSA。
COMSAを購入し利用すれば、そんなICOに関わる手続きについてサポートを受けることができる。
COMAのICO支援プラットフォームとしての特徴は、「ICOソリューション」と「トークンソリューション」が挙げられる。
ICOソリューションは、ICOの資金調達の手続きを代行してくれ、トークンソリューションは、ICO後の管理や、必要な環境の提供といった技術的なサポートを提供してくれる。
COMSAのトークン所有者が、COMSAのプラットフォームでICOを実施するプロジェクトに置いて、COMSAプロジェクトで発行されたCMSトークンを払込手段として使用された場合、5%のボーナスが与えるなど、COMSAを使ったICOのプラットフォーム確立に向け、ユーザーにもメリットが与えられるようになっている。

コムサの今後

ICOのプラットフォームとして期待されたCOMSAだったが、今年8月にテックビューロ社は、国内での新規のICOは困難ということを明らかにした。同社は、事業として存続するとした一方で、現在ICOで発行されるトークンの位置付けや自主規制内容は現在、業界内で議論の最中であり、いまだその内容が固まっていないことから、当面の間は国内でのCOMSAサービスのPRやマーケティング活動は見送る方針だ。
一方で、スイスを中心とする海外でのマーケティングやPR、COMSAのICOトークンセールのプラットフォーム開発は、欧州の子会社で実施してく予定だ。

ICOで調達した資金はどんな風に使われるの?

昨年2017年の11月にCOMSAのICOは終了し、約109億円を調達する大型規模のICOとして話題になった。COMSAは、上述の通り、ICOのプラットフォームを開発する計画として資金を調達。プラットフォームの設立にあたり手続きや技術的なサポートをしてくれるとされている。
ただ実際には、企業がICOを行って資金調達を行う場合、目的は様々だ。事業への出資や、商品の開発などホワイトペーパーの記されたプロジェクト推進のために使われることが多いが、なかには詐欺まがいの行為も少なからず生じている。
いざ投資をしようと思った際には、ホワイトペーパーを熟読し、目当ての通貨の目的や将来性に賛同できるものを購入したほうがベターだろう。

関連記事一覧