「ブロックチェーンと社会貢献と、時々、タワゴト」vol.3

こんにちは、仮想通貨好きの“神林なな”です

仮想通貨のツイッター界隈では、「この通貨を買うよ!」というと値段が下がり、「この通貨を売るよ!」というと値段が上がる、そんな逆のことがいつも起こる方が存在しています。
そんな方のことをみんなは「逆神」と愛を持って呼んでいます。
なんの根拠もないのですが、逆神として君臨し日夜、「買えば下がる・売れば上がる」の自虐ネタでみんなに笑いを運んできてくれます。
お気に入りの通貨に逆神が来ないことを祈ります(笑)。

「社会貢献という第二の人生」

先日、マイクロソフトの創業者、ビル・ゲイツ氏の独占インタビューという興味深いテレビ番組を観ました。
2000年に設立された、ビル・ゲイツ夫妻の個人の財産を投じて立ち上げた世界最大の慈善基金団体ビル&メリンダ・ゲイツ財団の活動に対する内容でした。
事実上、現役引退した同氏ですが、この財団を始めたきっかけは、まだビルとメリンダが婚約中だった1993年の秋、二人はアフリカを訪れ、極度の貧困を目撃したことに始まるそうです。
訪問した貧しい国々で子供たちが毎年感染症等の理由で亡くなるのを目の当たりにした二人。
これまでの人生においてビジネスで成功したノウハウから、「正しいモデルで取り組めば世界は必ず良くなる」という信条のもとに、マイクロソフトで得た富(約3兆円もの個人資産)を投じ、極度の貧困を終わらせることを目標とした財団を設立したそうです。
日本にも、若くして成功した経営者が早々に現役を引退して、このような“第二の人生”を社会貢献に捧げる方をテレビなどで見かけますが、素晴らしい行動だと思います。

「世界最大の慈善基金団体とブロックチェーン技術」

さて、この世界最大の慈善基金団体であるビル&メリンダ・ゲイツ財団ですが、
大量の取引を少ないコストで処理できるブロックチェーン技術に早くから興味を示していました。
そして同財団は、日本で注目度の高い人気の仮想通貨XRP(リップル)を開発した、米リップル社と提携を行った上、同社の技術を利用するCoil社(Coilコイルは元リップル社CTOが進めている新プロジェクト)との提携も発表しました。
Coil社との提携は、リップル社と同財団の共同事業である、無料ソフトウェア「Mojaloop(モジャループ)」を利用して、そのネットワークを発展させることが目的だということでした。
(※モジャループは発展途上国を中心とした銀行口座を持たない貧困層の人々への送金を目的として開発されたソフトウェア)
同財団の副長であるミラー・アベル氏はツイッター上で、「モジャループはそれぞれの国の法定通貨で決済されるので、差別を受けている人々や貧困層の人々の手助けをすることが出来る」と述べています。
私は、リップル社の開発したモジャループの技術は、銀行やブロックチェーン等の異なる台帳を繋ぎ、簡単に送金するようにするための規格であり、今後ブロックチェーン技術と共に発展していく仕組みだと期待しています。

「フィランソロピスト(=社会貢献活動をする人)」

今こうしてビル・ゲイツ氏が第二の人生を、社会貢献活動を行うフィランソロピストとして活動を開始したのは、「あらゆる命は平等で誰一人取り残されるべきではない」(※ゲイツ財団年次書簡参照)という価値観のもと世界の最貧困層を救うという、大きな目標があります。
加えてソーシャルビジネスとして「財団」という形態でありながら起業家的な手法で戦略的に分析、検証、立証を繰り返す姿勢にやりがいがあるのではないでしょうか。
そうでなければ、やらなさそうな……(笑)。
ブロックチェーンのような新しい技術を交えて、どうしたら社会貢献や社会問題を解決できるのか? ビジネスセンスのあるフィランソロピストたちが、慈善基金団体という非営利団体でも素晴らしい結果を残す日を期待せずにはいられません。

※フィランソロピストとは
フィランソロピーを実践する人や団体のことであり、によるとその意味は「金銭、物品、時間、労力を慈善的な目的を援助するためにささげる行為」を指します。日本語では「社会貢献・慈善活動」「篤志家」「博愛」「人類愛」などと訳されます。富豪に注目が集まることも多いですが、フィランソロピーの実践に富の大小は関係ありません。

※おまけ
以下では米誌フォーブスが挙げた米富豪でありフィランソロピストの2017年寄付総額トップ3をご紹介したいと思います。

「米国のフィランソロピスト:1位から3位」

1位 ウォーレン・バフェット 
寄付金:28億ドル(約3,150億円)
アメリカの著名投資家。投資持ち株会社であるバークシャー・ハサウェイの筆頭株主であり、同社の会長兼CEO。

2位 ビル&メリンダ・ゲイツ夫妻 
寄付金:25億ドル(約2,798億円)
主のビルゲイツ氏はウインドウズを世界に生み出したマイクロソフト社の共同創業者・元会長。

3位 マイケル・ブルームバーグ
寄付金:7億200万ドル(約785億)
アメリカの実業家。ブルームバーグ創業者で元ニューヨーク市長。

※算出に当たっては、誓約のみにとどまった金額や、財団内で眠っている資金は考慮に入れず、実際に寄付された金額のみを含めています。

神林なな

Profile
神林なな
2017年ブロックチェーンの記事を読み「難しいことはわからないけど凄そうだ」と仮想通貨の投資を始める。
その後、情報収集のためツイッターを始めると沢山の仲間ができ、そのみなさんとカンファレンスや講演会など様々なイベントに参加。
仮想通貨の未来に夢を膨らませワクワクドキドキ中。
「果報は寝て待て」の精神で仮想通貨の投資を楽しみます。
XRP、ETH、ADA推し。

関連記事一覧